blog

ブログ

| ブログ


(photo by Yin Yoga Japan -ちほさん-)

 

遅ればせながら、先週タイから戻ってきました。
ビクター先生の集中コースに参加していました。

 

今回改めて強く思ったことは、
普段友季湖先生の解説がしっかりあってそれを繰り返し聞いて練習をしていた上で、ビクター先生のシンプルで核心にふれる言葉でのインストラクションのもと練習すると、すべてがつながって気づくことがたくさんあるということです。

 

私が先生のところでなんのために練習するのかって、

わからないことがわかり
問題が明確になり
「わかったかも!」と思ったことが幻想にすぎない…

と知るだけなのです..

知るだけなのですが(笑)、それが成長と感じます。
悲観することではなく、それこそが嬉しく楽しいことだと思っています。

生徒さんの中には、その明確になっていくことにどうしたもんかと悩む方もいるそうです。気持ちもわかる。。
ビクター先生も、やればやるほど問題が明確になる、とおっしゃっていましたが、その通りだと思います。
確かに気持ちわかる。。
でも、体って神秘的ですよね、体の能力ってすごいと思うのです。
私自身は、自分がその神秘性を十分に引き出せているとはもちろん思っていないのです。だから、問題が明確=可能性を見つけた というように感じているのです。
今得られるやった感ではなく、この練習を続けた先の未来の自分が楽しみで練習をしているのだなと思います。
そしてそれはより「今の自分」をクリアに知ることでもあると思います。

みなさんも、なんのために練習しているかいつも見失わないでほしいなと思います。
義務感は苦しくなります。ちゃんと練習することはとても素晴らしいことだけど、そこにはいつも自分の主体性があるといいなと思います。

 

◆陰ヨガin東京では川畑友季湖先生をお迎えして陰ヨガの練習と学びを継続して行う場を開催しております。
陰ヨガをもっと知りたいという方は是非!

・お申し込み受け付け中です
7/3火-7/6金【陰ヨガ in 東京:川畑友季湖先生の長野・お寺リトリート】
http://pittoresque.jp/archives/7039


(photo by Yin Yoga Japan -ちほさん-)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策用 *