音楽が聴こえなくなってしまいますよ
(ウィーンのカフェハヴェルカ。くるりの「ワルツを踊れ」の中にこのカフェの曲があります)

 

以前行ったウィーンが素晴らしく、その思い出が私の中で輝いているのです!

なので、ウィーンが舞台のNHKの旅するドイツ語をこっそり観ています。

あ、別にドイツ語は勉強していません…
「素晴らしい!」は覚えたよ。

 

すごく良い言葉があったので紹介します。

20歳でウィーンフィルのコンサートマスターになり45年。
定年でウィーンフィルを退団したライナー・キュッヒルさんの、
「ウィーンフィルの伝統とは?」に対しての回答。

 

***
伝統とはおかしなものなんです
本来それはうまくいくはずのないものです

それは何を意味するかというと ただの模倣です
いつだって模倣に次ぐ模倣になります

何にもなりませんよ それは明確です

違う人が来て 違った聞こえ方や感じ方をするのですから
違った方向へと進むのです そういうものです

“ウィーンらしい” とかそうした表現に気をとられるべきではありません

モーツァルト ベートーヴェン シューベルト ハイドン
彼らには特有の表現方法があるのです

それを追求し守り続ける
またはそれらに到達するよう努力すべきです

すると自然といわゆる”ウィーンらしく”なるのです

音楽を聴きたいのなら音楽を聴いてください

演奏者ばかりに注目するのではなく
それはそれほど重要なことではないのです 本当に

そうしないとコンサートにはいつも比較するためだけに行くことになってしまいます

音楽が聴こえなくなってしまいますよ
***

 

同じだなぁ。

はい、精進します。

 

ウィーン
(ウィーン国立歌劇場で念願の年末年始公演の『こうもり』観たのだよ〜)

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 9 = 15

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>