内観とは?

内観とは?

 

練習記です。

 

「自分で作った見たいものを見て感覚としてしまう」

先生がおっしゃった言葉。

 

そうか。だから私たちは内観することは難しい。

 

内側で起きたことを見る、のが内観ではないのだろう。

 

最初私はそれが内観なのだとそう思っていた。
いや、言葉ではそうなのだろうけど、
それは本当に本当に難しい。

日常の場や動きが加わったときに、それがいかに難しいことか。

 

私たちは自分たちが「見たいものを見ている」のだろうし
「自分で作った感覚を味わっている」のだろう。

「内側を見る」
そこに自分のカラーがあると淀みに変わることがあるとは
練習と指導を重ねていく中でなんとなく思うことであった。

 

ただ、見る。
それ以上でもそれ以下でもないのかもしれません。

 

内観するってどういうことか。

「私たちは見たいものが多すぎる」
と先生はおっしゃいました。

 

そう考えると、
瞑想したいけどできない、と悩む方がいたり
誰でも座って目を閉じただけで瞑想になる、
という風にはならないのも当然だろうと思う。

 

まだまだ、まだまだです。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 1 = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>