陰ヨガ雑記

Instagramより   強い足、というと筋トレ的なものをイメージされるかもしれないけれどそうではなくて、いかに地に足が着いているかということ。 私たちは日々足を使って歩いているので知ることも気にすることもほ…

師匠と弟子

  クラスでお話しするときに、わかりやすくお伝えするために「師匠」という言葉を使うことがありますが、今は表立っては使わないようになりました。。   昔はもう少し言っていましたし、先生の前でも言ったこと…

知性と感覚

  最近よくお話している、知性と感覚の話です。   練習のときにはどちらも大事です。 でもどちらにも偏りを作らない。 それも調和するところが大事だなと思います。   「感じること」 すごく大…

陰陽を知る

  先日のマイソール練習にて、マヤ先生が練習の様子を写真に撮ってくださっていました。 自分の練習姿というのは普段もちろんみる機会がないので、恥ずかしくも嬉しく、またこうして見てもらっているんだなぁと嬉しく思いま…

  ビクター先生の陰ヨガを曇りなき形で私たちに伝える役目をしてくださっている友季湖先生がFacebookでUPされていた言葉を、許可をいただきここでもシェアさせていただきます。 陰ヨガを教えている方、教えたいと…

中心をみること

  もちろん私たち指導側が、「陰ヨガとは何ぞや」という本質を見失っていはいけないのだけれど、 是非練習をしている受け手の皆さんにもそこを見失わずに練習を続けてもらえたら嬉しい。   自分の思い描く「陰…

  この前逸美先生と話していた時に、 最初にトレーニングを受けたときのノートに書いてあった言葉について話してくれた。 (私たちはトレーニングの時期は異なる。逸美先生の方が2期くらい前に受けられています) &nb…

  以前(おそらく4.5年前でしょうか)helloyogaというサイトに掲載されたビクター先生のインタビューを抜粋します。 (元のURLをメモしておらずわからなくなってしまいましたが、helloyogaというサ…

  先日vedaでのクリスタルボウルコラボクラス後、twitterで呟いたこと、色々な方からリアクションを頂いたので、こちらにも載せておこうと思います。 誤解がないようそのまま載せます。   misa…

陰ヨガnote

  ここのところのクラスでは、度々お話しているのですが、 最近陰ヨガを学び始めた一番最初のノートを読み返しています。 ノートはもちろん最初から全て残してあるけれど、 その中でも最近読み返しているのは一番最初のノ…