昨日はビクター先生の陰ヨガを真っ直ぐに伝えるために、日本中(いや世界中)飛び回っていらっしゃる友季湖先生を追いかけて福岡に。
最終便で東京に戻ってきました。

練習は継続してこそ

 

Facebookでも投稿した内容ですがここでも。

 

今、一人の練習が正直苦しいのです。楽しいけど結構つらい。
今の練習って、練習にならない練習なんです。一人で練習できるようになるための練習というか。
かといって無駄になるわけじゃなくて先生のもとでやるのと自分でやるのと違うとわかるための練習でもあるし、なにより自分でやっておかないと先生のところで練習したときにまた一からやることになるから大切。でもやっぱり結構苦しい。

この苦しさから抜けるにはやっぱり練習しかないのだけど一人でやってると方向を見誤る時がある。

なので先生のとこで練習するしかない!ってことで。

昨年の10月から毎月友季湖先生(12月はビクター先生)の練習を受けることができてるけど…でも足りない。

足りないけど、やらないと進まないから、ほんと今日も行けてよかった!ちょっと練習の方向を認識できた!

でも今日のプラクティスはほんとに…キツかったーーー(笑)福岡講座の10回目だったのでベーシックよりちょっぴりアドバンスな内容でした。

みんな…まだまだ(当たり前だけど)先はあったよ…頑張ろう(笑)

 

ってことで、関東の皆さん、継続的な練習をしましょう!
せっかく友季湖先生が東京まで来てくださるのだから続けて練習してみよう。
体は絶対こたえてくれます。
プラクティスは積み重なっていくもので、継続するとしないでは2年後くらいには明確な違いができていると思います。

ヨガの練習に終わりはないから、肉体的にも精神的にも成長したいと素直に思います。

 

友季湖先生の東京講座、前編は残席わずかです。後編の方がそれよりは少しだけ席あります。

 

夜のプラクティスクラスはお仕事後の方も是非お越しください。
行きたいけど仕事の都合がもう少ししないとわからないよーという方はご相談くださいね。

 

今は陰ヨガといえば中医学、で止まってしまっていますが、4月または6月からは友季湖先生ががっつり道教の思想とインドのヨーガ哲学の繋がりについても伝えてくださる予定です。
表面的な健康ではなくてもっと深い、人として、ヨギとしての生命や人生についての部分をみんなで学び続けていけたらと思います。

そのためにも基本中の基本!の陰陽五行について改めて抑えておきたいです。

陰は静かで陽は活動的、合わせてバランス取れる、という曖昧な解釈がされますがそういうことだけではありません。
その辺りしっかり抑えておきましょう!!

 

◆川畑友季湖先生の陰ヨガ連続講座
「陰陽五行説と天癸」(座学+プラクティス)
前編:2017年2月23日(木)14:00-18:00
後編:2017年2月24日(金)14:00-18:00  

◆川畑友季湖先生の陰ヨガプラクティスクラス
2017年2月24日(金) 19:30-21:00(120分)  

詳細は→こちら

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + = 5

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>