陰ヨガ勉強会507pix
 

*年末スペシャルなので、これまでと場所と時間、持ち物などに変更がございますので、ご確認ください。

 
【陰ヨガ勉強会】&【忘年会も!】 受付中
テーマ:「グラウンディングを考える
〜緩めてスペースを作る段階から 力強く安定させて循環を作る段階へ〜」

2016年12月10日(土)13:30-17:30

年末スペシャルで4時間です!
レクチャーだけでなくプラクティスもやります!

忘年会のみのご参加も受け付けています^^

 

*【陰ヨガ勉強会】についてまずはこちらをお読みください。
はじめに:【陰ヨガ勉強会】

【陰ヨガ勉強会】を今年一年開催してきました。
この形での開催は一旦これで区切り、
来年は【練習会】にして月1WS形式でレクチャー&プラクティスを行っていこうかと考えています。

 
***

今年最後、12月の勉強会テーマは

「グラウンディングを考える
〜緩めてスペースを作る段階から 力強く安定させて循環を作る段階へ〜」

です。

 

やっぱり「グラウンディング」テーマは外せないかと!!
この一年の総まとめ的な内容です。

 

レクチャーは
①丹田について
②足と仙骨、すなわち丹田の関係(丹田の状態は仙骨でわかる)
③呼吸の仕方(丹田と軸を養う呼吸の方法)
④末端を意識すること(経絡のラインを意識する)
をベースに進めていきます。

 

特に③と④については、意外と流されがちになっていると思います。
呼吸は、特に、かなり、重要です。
丹田まで呼吸をしているつもりでも、吸うときにそれが漏れてしまっていないでしょうか。そうするといつまでも上下がつながらないままでグランディングも深まりません。

たとえばバタフライで長くやっていると股関節が疲れてくるのは、バランスが崩れてきているからですが、多くの場合呼吸が下まで吐いているつもりで吐けておらず、吸うときにまた漏れてもいるからだと思います。

 

いつもの練習をもう一歩力強く深め、そしてより安定したものにするヒントの数々です。

 

後半はプラクティスの時間をしっかりとっていきます。2時間くらいできるかな?

是非年末に、一緒に総まとめしましょう!

 

【忘年会】
また、勉強会後、せっかくなので忘年会もやります

クラスにいつも来てくれているみなさんと一緒にごはんが食べたいです。

お店の場所は渋谷と表参道の間くらいです。
デリ食べ放題、飲み放題で4200円のプランです。
18:30から開始です!

楽しく食べて飲んで語らいましょう。

忘年会のみのご参加ももちろん大歓迎です。
どなたでもお気軽にご参加ください。

 

お待ちしています!

 
***

【内容】
レクチャー&プラクティス

 
【日時】
2016年12月10日(土)13:30-17:30

 
【料金】
5000円(当日精算)

 
【持ち物】
動きやすい服装
マット
(無料レンタルマットをご利用の方はご予約時にお申込ください。数に限りがあるのでお早めにお申込ください。)

 
【場所】
おうちギャラリー渋谷
渋谷区渋谷3-12-25 B1F

・JR渋谷駅から
南改札を出て東口から徒歩約5分
新南口から徒歩約1分

・東横線/田園都市線/副都心線/半蔵門線/銀座線 渋谷駅から
14番出口から徒歩約5分
15番出口(ヒカリエ)から徒歩約5分
16b番出口から徒歩約4分

*DOUBLE TALL CAFE の隣の白壁の一軒家
玄関を通らず表にある地下への階段を降りてスタジオにお越し下さい。

yoga shibuya map

 
【ご予約】
このサイトのcontactから、
または info@pittoresque.jp まで、
1お名前
2ご連絡先
3ご参加の講座日程
をご記入の上ご連絡ください。

*2日以内にinfo@pittoresque.jpから折り返しご連絡をさせていただきます。このアドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
もし2日過ぎても返信がない場合はメール送受信の不具合の可能性がございますので、大変お手数ではございますが、ドメイン設定をご確認の上、再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

 
【キャンセルについて】
開催前日の午前中までにお願いいたします。
それ以降はキャンセル料100%となりますのでご了承ください。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 3 = 4

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>