リトリート

リトリート

 

リトリートから帰ってきて、
だいぶ時間が経ってしまいました。

本当に行けてよかった、ビクター先生のもとで練習できて本当によかったです。

 

今回の感想は、facebookの「日本人のための陰ヨガ」ページでレポート書く機会を頂いたので、よかったお読みください。

リトリートレポート→こちら

 

ここに書かせていただいたことが、今の私の素直な気持ちすべてです。

ビクター先生のTTの感動は今も忘れることができません。
すごく面白かったけれど、自分が何もわからないのだということを教えてくれるものでもありました。
だからやらないとわからないということがわかったし、やってきたからこそこうして陰ヨガひとつで続けてこれたのだと思います。

もちろんやったといっても十分ではないし、
まだまだそれは続いていくことですが、
一番最初に、そういうヨガとして大事なことを教えてくださった先生に感謝しています。

TTを受けて、大いなる哲学がこの先にあるのだなぁということだけはわかりました。
それが何なのか知りたくて、続けてこれたといっても過言ではありません。

 

TTの後もWSを継続して受け、リトリートも回数は少ないですが参加してきていましたが、約3年間お会いできなかったのです。
でも今回ビクター先生に再会できて、そして何よりとっても元気そうで、本当に嬉しかったです。
このタイミングでよかったです。オーガナイズしてくださった方の熱い思いもすごくすごく伝わって。私も初心にかえることができました。

 

再会した瞬間、「みーさーとー」とハグしてもらえて、
本当に本当に本当に本当に嬉しかった。

リトリート

 

本当に本当に楽しいプラクティスでした。
しごかれてうれしい(笑)

まだまだ自分の可能性を信じられるような、未来を感じさせてくれるプラクティスでした。

今回の内容を少しずつクラスに導入しています。
練習がまだ浅いですが、感覚として私が理解できているものを入れています。

皆さんと一緒にこの練習深めていきたいと思います。

 

今回本当に思ったのは、私、陰ヨガすごく好きなんだなぁと思いました。
最初にビクター先生のトレーニング受けられて本当によかった。
その後も学ぶ機会があってよかった。
今回ビクター先生が元気そうでよかった。
仲間たちにも会えてよかった。
陰ヨガやってきてよかった。

行けて再会できて、本当によかったです。
嬉しかったです。すごく。

リトリート

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 12

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>