【陰ヨガ雑記:クラス日誌】2016年5月15日〜18日

 

《5/15》

【セミプライベートクラス】
今回もそれぞれ自分に向き合う時間を過ごしていただきました。次回からは3hになるのと、時間も少し早めになりもう少し余裕がでるので、質問などどんどんしてくださいね。
確かにポーズはひとつの指針ではありますが、とること、に意味があるのではなく、そこで感じること、に意味があります。ここすごく大事です。
自分の内側をそっとやわらかく開いていくと、色々なことがみえてくると思います^^

【IYC表参道】
少しずつ体の変化が出てくると、気づくことも変化してきて、一層楽しくなります。
遠かった自分の感覚のことを少し理解できたようなそんな感覚もあるかもしれません。

 

《5/16》

【IYC荻窪】
dragon1を少しレクチャーしてから行いました。コツというか、大事にしたい部分があります。
すごく良い練習になるので、少しずつ下半身の安定する感覚が出てきたら改めてチャレンジしたいポーズでもあります。
久しぶりに来てくれた方もいて嬉しいです。

 

《5/17》

【IYC荻窪】
陰ヨガはキープの時間の中で、感覚が様々に変化していきます。
それはそれは本当に様々で…経験した人にしかわからないことです。
その変化に沿うように、調和点を見つけるようにその時間を味わいます。
奥深い時間となりました。

【veda表参道】
得られた感覚を言葉にすることはなかなか難しいことでもありますが、初めてのその経験を表現するのもまた練習のひとつの面であるとも思います。発表することが必要というわけではないですが、流さずに、今一度噛み締めてみるということです。
「自分」の内側にいつも答えがあるということに、練習の度に気付いていきます。

 

《5/18》

【gllow自由が丘】
リラックスすること→留まること→深めていくこと
少しずつ内側の奥行きを広げていきましょう。
ところどころ少し上手くいかない感じを受ける場合があるますが、それは変化の前だと思ってください。
これからも練習の幅を広げていきたいですね。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 9

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>