人生が変わる、かもしれない

 

人生が変わる、かもしれない。

 

今まで指導してきて、思うこと。

この仕事、本当に責任がある。

 

手の位置、足の位置を

「そこに置くことを指導する」

のと、

「そこに無理なく置けるような動き方や体を指導する」

のとではその目的も質も全然違う。

 

形にとらわれていくと、
体の声を聞けなくなる。

心を縛って嘘をついていると、
自分が何を本当に望んでいるかわからなくなるように。

 

体は本能があるし、嘘が基本的につけない。
でもそれを思考で封じ込めるようになってしまう。

 

どこかに違和感が出てきても、
どこかが痛くなっても、
これが正しいと信じ、正しさを求め、
そこから目を背け見ることをしなくなる。

 

ヨガは本来、体を使って心の練習をするのに
思考で体を癖づけてしまう。

体がかたまると、心も頑になる。

体を思考で不自由にすると、心も不自由になる。

 

それって人生が変わってしまうかもしれないということ。

体を扱うということは、
心を扱うということ。

 

心を扱う指導ができるように。

また、もし心を縛った人がいたとしても、
良き師に出会えればそれはとけると思うのです。

その点でも、
自分が人として成長しなくては、
良い指導はできないのだという事実をいつも目の前にしています。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + = 11

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>