今日も楽しいクラスだった!

 

バタフライ、とは陰ヨガの合蹠のポーズです。
「座る」ということが重要なポイントになる陰ヨガにとって
基本となるポーズです。

 
陰ヨガの面白さは、同じポーズでも
シークエンスやアプローチの仕方で変わるという点もあると思いますが、
このバタフライも、
シークエンスの流れや、
どうアプローチするかによって体感がとても変わります。

 
基本のポーズでもあるし、陰への導入としても、
クロージングでも使うし、またメインポーズにもなり得る、
とても豊かなポーズです。

 

わたしは、このバタフライで「座る」感覚が出たときに、
他のポーズの感覚も大きく変わったのを覚えています。

 

今日のクラスでもお話しましたが、
たまに「座骨で座っている感覚がわからない」という方がいらっしゃいます。

正解があるものではないので、
これは座っているのだろうか、どうやったらわかるのだろうか、と
心配になる方もいると思います。

でも、わからないときは、たぶん、「わからない」状態なのだと思います。

 

これはわたしの経験ですが、
からだはとても賢いので、座れたときは「わかり」ます。
絶対わかります。
これは本当です。

心と身体は繋がっていますが、
「座れた」ときは、心もすごく安定します。
「グラウンディング」とは、身体だけでなく、
心の状態も表す言葉ですが、まさにそれが感じられると思います。

 

でも、矛盾しているようですが、
「座れた!」と思っても、

居心地が悪くなって、
「あれ?なんか違うな」と思ったり、

あるとき突然
「あれ?もっと座れたかも!これだったのかも!」
と思うときがきたりもします。

 

もちろん安定するまでと、一度安定してからとだと
探求の方向性が変わりますが、
でも身体を探求していると、ずっと出てくるものだと思います。

なので、あまり焦らず楽しんで、
「今の自分にとっての1番心地よい安定」
を探せたらいいなと思います。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 3 = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>