次のステージへ

次のステージへ

 
 

人が持つエネルギーはすごい。

清い自信を持って輝いている人に、人が集まるのは当然なのだろうと思う。

 

人それぞれの人生があって、背景があって、色々な感情や状況を抱えてプラクティスをしている。

陰ヨガの練習は、まずは身体が変わることから始まると思う。
身体が変わって、心が変わる。
心が変わると、身体も変わる。

 

でもある程度プラクティスしていると、
先に広がらないという壁にぶつかるときがくる。
どうやったら身体が変わるのだろうかと、
プラクティスを増やしたり、プロップスを駆使したりするけど変わらない。
わたしは余計身体の窮屈さを感じることがあった。
そしてある時気づく。
身体の引っかかりの原因が、心にあるということ。

プラクティスのレベルを上げるためには、心の「何か」を乗り越えなくてはいけない、そういう時期が必ずやってくる、そして何度もやってくる。
だから心のプラクティスだ。

ヨガ。

 

プラクティスしていくと、だんだんシンプルな自分になっていく気がする。

だからわたしは自分のことが好きになれたし、
女性としての自分も好きになれたし、
同時にダメなところも正面から認めることを覚えたし、
ダメなところからも逃げなくなったし、
(・・・たびたび逃げたくはなるけど、逃げません)
もちろんたくさんの課題をまだまだ抱えているけど、
素直に豊かな人間になりたいと思うようになった。

わたしも次に進みたい。

 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 6 = 8

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>